タマゴパックで、ベビーリーフを育てよう

家庭菜園

こんにちは!!

ブログを書き始めて、まだ5記事くらいしか書いていませんが、書き出しに、ちーず♪ですと書くのどうしようかなと考え中です。
なんだかこそばゆい感じがするのですよね・・

今日は、サラダ春菊とルッコラの種をタマゴパックに撒いたのが発芽して、伸びてきたのでその報告です(*’▽’)

おうちでベビーリーフを育てよう

枯らすことが多いガーデニングですが、おうち時間を楽しみたくて、最近になってまた野菜作りや水耕栽培に夢中になっています。
水耕栽培は、まったくの初心者であまり向いてないかも・・。むしろ、土があったほうが育てやすいような気がする。
諦めないで水耕栽培もチャレンジしていきたいけど、今日は土の栽培のほうです。

今回は、やさいの時間(12、1月号)の余りダネでベビーリーフ菜園という記事を参考にしました。

用意するもの

  • タマゴパック
  • 好みの種 今回はサラダ春菊とルッコラ
  • 野菜用培養土など
  • 霧吹きや水差し

タマゴパックの準備

おうちに15個入りのタマゴパックがあったのでそれを使いました。
タマゴパックの片方の底に丸みがあるほうに穴を開けます。

重ねて使うので丸みがあるほうを上にすると下に空間ができて、ちょうどよい水受けになりました。


穴を開けたタマゴパックを上にして、もう一枚のほうと重ねて、そこに種まき用の土をいれます。


こんな感じ(*’▽’)

水をいれて湿らせてから種をまきます。種を撒いた直後です。

このとき、種をまいて上から水をかけたら、間違って勢いよく出てしまって土が流れてしまったのです。種が流れてしまったと思って焦りました(-_-;)

木の箱、ちょうどいい大きさかなと思ったら、微妙にタマゴパックのほうが大きかったので新聞紙で底上げして安定させました。

発芽するまで、上に新聞紙をかぶせておきます。

ちょっと伸びてきた!!

一週間くらいでこんなに伸びた!!

このあと、間引きしてもっと大きくさせていきます♪

わたしったら、種のネームプレートをつけるのを忘れてしまったので、どちらがルッコラで、どちらがサラダ春菊かわからないという事態になってます。

うっかりです。

もう少し大きくなってきたら、はっきりわかるね(-_-;)

まとめ

もうちょっと大きくしていこう。
本では、ベビーリーフとして収穫のようだけど、春菊は植え替えしてみたい。
タマゴパックのほかにも利用できるものいっぱいありそう。ヨーグルトや豆腐の容器などなど。利用してみたら、おもしろいですね!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました