【読書】時を重ねて、自由に暮らす~山中とみこさんの本を読んで

暮らし

こんにちは、ちーずです。

東北の梅雨が明けたかと思ったら、いきなりの猛暑です。
できればずっと家にこもっていたいとこだけど、そうはいかないので水分取りながら、仕事がんばることにします。

ところで、今日は、わたしの大好きな本の紹介です。

この本を本屋さんで手に取って、少し立ち読みしたらとても元気になったのがわかりました。

それは、山中とみこさんの「時を重ねて、自由に暮らす」です。

山中とみこさんて・・

布作家/専業主婦、古道具屋店主、小学校の特別支援学校の補助職員などを経て、2003年49歳のときに大人の普段着のレーベル「CHICU+CHICU5/31」をスタート。

時を重ねて、自由に暮らすより

実は、この本を手に取るまで、山中とみこさんのことは知らなかったです。

本では、洋服をデザインして売るまでの過程や、住まいをDIYして変化していく模様などが
書かれています。

どうしてこの本を手に取ったとたん、わたしは元気になったのでしょう。
元気になったというか、明るい気持ちになったというのが正しいかもしれない。

自分が好きなことややりたかったことが職業にするってとってもすごいことですよね。

この本の影響で、わたしも文化服装学院の通信教育をやろうと思ったのは間違いないです。

さあ、がんばろう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました