柿の木の葉を採って、柿の葉茶を作ってみました!!

自家製

うちには、柿の木が2本あって、毎年、甘い柿が実ります。

母が一番好きな食べ物が柿で、わたしがここに来る前に近くのホームセンターで
柿の木を買ってきて植えたそうです。

冬が終わって、春になる5月から6月の柿の葉を採って柿の葉のお茶を作って
みました。

柿の葉のお茶とは

柿の葉がお茶になるなんて、正直知りませんでした。


そういえば、ドラッグストアに行くと、いろいろなお茶が売られていて
その中に、柿の葉茶あったかもしれないなぁ…くらいの感覚です。

柿には、ビタミンCが豊富に含まれています。

それも、熱に強いビタミンCなのでお茶にして飲んでも失われることはないそうです。

また、鉄や亜鉛、カルシウムなどのミネラルも含まれていて、そして、ノンカフェインです。

夜、寝る前に飲んでもよいし、子供やお年寄りにすすめても安心して
飲むことができる飲料です。

柿の葉茶、作ってみました

5月の終わりごろから6月のはじめにかけて、柿の木から若葉が出てきました。
その若葉は、とてもきれいで美しい黄緑色でした。

どのくらい採ったらいいのか見当がつかないので、まずはかごいっぱいに採取します。

春の柿の葉は、こんなに瑞々しくてきれいな緑色です。

葉をとったら天気の良い日に天日に干して乾燥させます。

柿の葉茶の作り方

  1. 春の新鮮な柿の葉を採取します。
  2. 天気の良い日に3日くらい干します。
  3. ハサミで細かくカットする
  4. 蒸し器を用意して、カットした柿の葉を蒸し布でくるんで3分くらい蒸す。
  5. また、天日で干して乾燥させて、できあがりです。

乾燥させてから、蒸してまた乾燥です。2回目の乾燥では思ったよりすぐ乾いたので蒸しが足りなかったかなと思ってしまいました。

柿の葉、乾燥させたらこんな感じになりました。

このあと、蒸して、また天日に干します。

できた、お茶です(*’▽’)

まとめ

今回作った柿の葉茶は、義母にプレゼントします。

わたしが作った柿の葉茶が届くのをとっても楽しみにしているらしく
からだにもよいので、早く渡したいなぁと思っています。

実際、飲んでみたら最初は少し癖と香りが鼻につくような感じがしましたが
慣れれば飲みやすいです。

もし、庭に柿の木があったら作ってみるのもいいかもしれないですね(*’▽’)


コメント

タイトルとURLをコピーしました