ドクダミの白い花が咲いたら、自家製化粧品を作ってみよう。

自家製

実家の庭、毎年ドクダミが群生して、今まではいらない雑草として刈り取られて
ましたが、

ドクダミの活用法、検索していたら、自家製の化粧水が作れるとありました。

ドクダミ効果で、シミが薄くなる?

ほんと~?
それは、やってみるしかないでしょって!!


半信半疑なのですが、せっかく庭にたくさん生えてきているので
やってみることにしました。

今年、やってみたいドクダミの活用法

  • ドクダミ化粧水を作る
  • ドクダミ茶を作る

今年は、この2つでいこうかなと思います。

お茶は、子供のころに祖母に飲まされた覚えがあります。
とても苦くてまずかった!!

それでも、また作ってみたいと思うのですから不思議です。

ドクダミの花ってかわいい♪

ドクダミとは

どくだみは、やっかいな雑草として駆除されることも多いのですが、日本薬局方にも収載されているれっきとした生薬。生薬名は「十薬(じゅうやく)」といい、その高い薬効から、内用だけでなく外用でも利用されています。

どくだみの効能|どくだみの活用法や長期保存可能な乾燥方法をご紹介 -Well Being -かわしま屋のWebメディア- (kawashima-ya.jp)

5月の終わりごろから6月にかけて、庭のドクダミに蕾がついて花が
咲いてきました。

このブログを書いている今も、まだまだ花が咲ききってないので
ドクダミの収穫はこれからがシーズンとなります。

ドクダミで化粧水を作れるというのは偶然知りました。
ドクダミ茶のことは知っていましたが、まさか化粧水も作れるとは!!

それも、とても肌にいいらしい・・

となれば、庭にたくさんあるんだもの。
作るしかないですよね(*‘∀‘)

どくだみ化粧水の作り方

早速、作ってみました。

花が咲く前の蕾の状態のドクダミをたくさん採ってきました。

ドクダミを収穫してみて感じたのは、ドクダミってあまり虫がついてない。
たまに、虫食いの葉はありましたが総じてきれいです。

虫も避けるのかな?


ドクダミ化粧水の作り方

材料 

  • ドクダミ
  • 純米酒
  • グリセリン(化粧水として使うときに入れます。今回はまだ入れないです。)



化粧水を作るのに、35度以上の焼酎を使うレシピと、純米酒を使うレシピが
ありました。
最初に見たのが純米酒を使うほうを見たから、純米酒で作ることにします。

ドクダミを採ってきたら、きれいに洗って、よく乾燥させます。


ちゃんとドクダミを乾燥させないと、お酒につけたあとにカビの原因になってしまうので
注意が必要です。



純米酒にドクダミのエキスが出てくるまで、時間がかかりますから
実際に化粧水と使うときになったらグリセリンを入れて使います。

消毒した瓶に、きれいに洗ってよく乾燥させたドクダミを瓶いっばいに入れて
そこに純米酒を注いだだけです。

そして、冷暗所においておく。

今年の秋ごろに使い始めようかなと思います。
どんな色になっていくのか楽しみですね。

自家製の手作り化粧水を作ったのは、初めてです。
うまくいくかどうか、肌にはどんな効果があるか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました